診療内容 Contentsof medical treatment

小児矯正Child orthodontics

小児矯正

「永久歯が生え揃う前」が 治療開始に最適な時期となります。

子どもの時期からの矯正歯科治療をする最大のメリットは「抜歯の可能性が減る」ことでしょう。歯を支えている顎の成長時期に、顎を拡大してスペースをバランスよくコントロールしやすいので、大人になっても、よりきれいな歯並びに導くことができます。

矯正の重要性

将来の歯並びのための小児矯正の重要性

小児矯正

矯正歯科治療とは、歯並びとかみ合わせの改善を目指した治療です。
大人の矯正治療は歯をきれいに並べ、最終的な咬み合わせを作ることを目的としています。それに対して、小児矯正はあごの成長速度のコントロールや、そのままにしておくと成長に悪い影響をあたえるかみ合わせを治療します。

小児期に歯並びやかみ合わせが悪いと、大人になってからもずっと心理的な悪影響を受けたり、虫歯や歯周病、顎関節への影響が出てきます。小児期に歯並び・かみ合せの治療を行うことでこれらの心配を予防することができます。

小児矯正治療の開始時期

それではいつ治療をはじめたらいいのでしょうか。当院では主に以下のように伝えております。

● 親御さんが子どもの歯がおかしいと感じたら(気づいたら)まず相談
● 矯正歯科学会が推奨する年齢「7歳」ごろまでに、何も問題がなくても1回検診

実際に治療をスタートするかどうかは、来院いただいて診査のあとの診断で決定いたします。「今、治療が必要かどうか?」「治療開始時期」など無料で相談を行っております。お気軽に電話でお問い合わせください。

歯並びが悪くなると…

歯並びが悪くなると、以下のようなことが生じてくる可能性があります。特に精神面については矯正治療を行うことで、今まで笑わなかったお子さんに笑顔が見られるようになったケースもあります。
矯正治療でコンプレックスを解消し、歯並びやかみ合わせを美しく自然に治してあげれば、お子さんの心の健康を守ってあげることができます。

 Case1 歯磨きがしづらく、虫歯になりやすい
 Case2 よく噛めないため、あごの成長が遅くなってしまう
 Case3 よく噛めないため、すぐに飲み込んでしまい、肥満になりやすい
 Case4 かみ合わせが崩れ、あごに負担がかかるため、顎関節症になりやすい
 Case5 息が漏れやすく、発音やかつ舌が悪くなる
 Case6 歯並びに対するコンプレックスから消極的な性格になりやすい

子どもの不正咬合によるデメリット

 ● 虫歯・歯周病のリスクが高まる
 ● 物を食べたり飲みこんだりする機能が低下する
 ● 良く噛めないので、あごの成長不全をきたす
 ● 正しい発音ができない
 ● 集中しにくい
 ● 顎関節症
 ● 胃腸障害(良く噛めないことによる)
 ● 悪い姿勢
 ● 口元を気にするコンプレックス

上記にあげることがすべてあてはまるわけではありませんが、可能性としては心配になります。良好なかみ合わせ・歯並びを得られれば、上記の逆のことが期待できるかと思います。

小児矯正治療のよくあるご質問

歯並びが悪いとは、どういうこと?

お子さんの成長とともに乳歯が生え揃ってきます。何の問題も無くきれいな歯並びになればよいですが、歯の間に隙間が無い、歯並びのアーチが崩れているなど、見た目の部分で判断できる場合は要注意です。しかし、歯並びが悪くなると一言でいっても、見た目はきれいでも上下の歯がうまくかみ合わない、または出っ歯であるなど症状はさまざまです。子どもは歯が生えるとともに、顎も成長していきますので、いずれ永久歯に生えかわることを考え、お口の中を整えてあげることが必要です。

子どもの歯並びが気になりますが、矯正治療はいつ始めればいいですか?

並びが悪くなる原因のほとんどはあごが小さいことです。スペースが足りないために、ガタガタに生えてくる「乱ぐい歯(叢生)」や「八重歯」になったりします。従来の矯正治療では、このあごが小さいという原因には触れず、対処療法的に歯を抜くなどの処置で対応してきました。お子さんの場合は、あごが成長段階にある乳歯の時期に、骨の成長を利用しながら「あごの拡大」をすることにより、永久歯への生えかわりをきれいに誘導することができます。永久歯に生えかわった後の本格的な矯正治療の際に、抜歯をしなくて済むという非常に大きなメリットがありますので、ご両親が気になった時点で、早めに矯正専門医の診断をお受けすることをお勧めします。

永久歯になってからガタガタになってしまいました。

実は、乳歯の時は隙間のないことのほうが問題になります。乳歯に比べ永久歯はサイズが大きいため、あごのスペースが足りずにガタガタに生えてくる「乱ぐい歯(叢生)」といわれるデコボコの状態なる可能性が高くなります。永久歯がガタガタに生えてしまっても、矯正治療はもちろん可能ですので、一度、矯正専門医の診断をお受けすることをお勧めします。

治療費・料金表

治療費用は症例による治療方針で決まりますので、一律には定まってはおりませんが、八森歯科医院で設定している矯正料(全て税別表示)の目安は以下の通りとなります。

初診相談 無料

MRC矯正料(小児)
 ¥150,000~¥250,000(税別)
※11歳以上はワイヤー装置を使用(症例による)

顎顔面矯正料(小児)
 ¥400,000(税別)
※費用は症例によって前後します。

矯正治療の医療費控除について

医療費控除とは、自分自身や家族のために、その年の1月1日から12月31日に支払った医療費がある場合に、一定の金額の所得控除を受けることができる制度です。

一年間で10万円を超える医療費を支払った人でしたら、確定申告をすれば税金が戻ってきます。 小児矯正でも「噛み合せの向上」が主な目的となっておりますので、治療目的と承認される場合があります。詳しくは、最寄りの税務署にお問い合わせください。

不正咬合の原因からアプローチ

ワイヤー装置をつけない、歯を抜かない子供の矯正治療で、オーストラリアで開発された新しい矯正のシステムです。

トレーナー装置(T4K)というマウスピース型の矯正装置を使用しながら、おロのまわりの筋肉をトレーニングすることでお子様の不正咬合(乱れた歯並び)を早期に治療します。

MRC矯正

ご相談はお電話で「無料相談希望」とお伝え下さい。
0198-24-0648
( 矯正無料相談は小学生までが対象です )



ご予約・相談はこちら 0198-24-0648

初診の患者さまへ 初診の方はぜひこちらをお読みください。

初診オンライン予約

  • 八森歯科医院 キッズ予防プログラム
  • 八森歯科医院 マタニティ歯科
  • 八森歯科医院 託児サービス
  • 八森歯科医院 スタッフブログ
  • 八森歯科医院 求人情報

  • スルガ銀行/リザーブドプランPLUS デンタルローン

ページ上部へ戻る