スタッフブログ Staff Blog

ブログBlog Title

入れ歯について

岩手県花巻市 オーラル総合歯科・矯正歯科

こんにちは!

今回の豆知識は歯科医師の坂本と受付の熊谷、歯科助手の伊藤がお届けします!

今回のテーマは“入れ歯”です!皆さんは入れ歯と聞くとどのようなものを想像しますか?

保険内で作る入れ歯には大きく分けて2種類あります。

1つ目は部分的に歯がない場所に入る“部分入れ歯”(バネがついている形)

2つ目は全ての歯がない場合に入る“総入れ歯”(バネはなく、全ての歯がある形)

入れ歯と聞くと高齢の方が使用するものと想像しがちですが、実は若齢の方にもご使用をおすすめする場合もあります。むし歯などでやむを得ず歯を抜いた場合、そのままにしていると隙間を埋めようと隣の歯が倒れてきてしまったり、噛んでいない歯は噛める歯を求めて伸びてきてしまいます。そういった歯並びの乱れを防ぐ役割を果たしてくれます。

さて、皆さんは入れ歯の製作工程を知っていますか?入れ歯の製作には意外と時間がかかります。

型取り1回目・・・大まかな型取りをし、先生が患者様専用のトレーを作ります。

  ( トレーの製作に3日程度かかります)

型取り2回目・・・専用のトレーを使い精密な型取りをし、先生が高さ決めの材料を作ります。

  (高さ決めの材料を製作するのに3日程度かかります)

噛み合わせ・・・噛み合わせの高さを確認します。

  (外部の技工場に送り仮歯製作に8日程度かかります)

試し合せ・・・仮の入れ歯が出来上がってくるので、バネや歯の形、噛み合わせなどを確認していきます。

  (外部の技工場に送り完成作業で10日程度かかります)

完成・・・完成した入れ歯を調整してお渡しします。

入れ歯の大きさやお口の状態によって異なりますが、入れ歯の制作には約1ヶ月半~2ヶ月のお時間をいただきます。(制作期間は状況によって異なります)

その後、お口にしっかりと合うように調整が必要です。調整は一回で済む方もいれば、数回通っていただく方もいます。”短期間で終わるから良い”という訳ではありません。入れ歯を装着して、違和感がより少なく、よく噛めるように微調整を重ねる事が大切です。

そして、お口の中はとても敏感になっています。初めて入れ歯を入れた方は異物感が強く上手に使えない方も多いですが、違和感少なく使用していくためには患者様の努力も必要になります。

⭐️入れ歯の注意事項⭐️

・入れ歯を装着するときは歯で噛み込むのではなく手ではめるようにしましょう。

  (変形や故障の原因につながります)

・入れ歯にあった洗浄剤や歯磨剤を使用して下さい。

  (傷がついたりすると、汚れがたまりやすかったり割れてしまう可能性があります)

・自分で調整はしないようにしましょう。

  (お手数ですが必ず医師に相談してください)

・60度以上の熱湯で洗わないでください。

  (変形する可能性があります)

・食後・就寝前は外してしっかりと洗って下さい。

・夜寝るときは入れ歯は外し、熱や乾燥による変形を防ぐためにコップなどの容器に水を入れその中で保存してください。この時つけ置き用洗浄剤を使用することをおすすめします。

しっかりと自分に合った入れ歯で豊かな食生活を送りましょう。🍜🍔

 

岩手県花巻市 歯医者

| カテゴリ:スタッフブログ, 歯にまつわるお話し

お口の写真はなぜ必要?

岩手県花巻市 オーラル総合歯科・矯正歯科

こんにちは◡̈

歯科衛生士の氏家、工藤、受付の杉村です♪

春の陽気が気持ちよい今日この頃ですね٩( ᐛ )و

さて、今回は「お口の写真」についてお話しをしていきます!

当院では、初診時や定期的な歯のお掃除の際にお口の写真を撮影していますが患者さんの中には「写真をとるのは初めてです」や「口の中の写真をとるのは必要ですか?」という方も少なからずいらっしゃいます。

私たちは何のためにお口の中の写真を撮るかというと?

①初診時に治療の計画を立てるため

②治療計画について説明をするため

③炎症がある場所や磨き残しを視覚的に確認するため

④急に発症した病変とその経過を記録する比較材料のため

などに使用しています。

(歯科衛生士 QUINTESSENCE PUBLISHING参照)

レントゲンをとっているからいいのでは?

と思いがちですが、それだけでは歯の向きやすり減り方、被せ物の形、被せ物の範囲などがわかりにくいです。磨き残しなどがある場合は視覚的にも確認でき、”次頑張ろう!”という患者様のモチベーションをあげるのにも、お口の写真はとても重要になってきます。

また、治療前後でどのように変わったか、急に発症した病変は前にどうなっていた場所か?など写真から様々な情報を得ることができ、患者様も安心して治療ができるようにしています。

このようなカメラとミラーを使用し撮影しています

※撮影の際、唇を広げる器具を使いますが、患者様にお手伝いしていただく場合があります。必要な時にお声がけいたしますので、その際はよろしくお願いします。

これからも定期的に撮影していきますが、なんのために撮るんだっけ?と不安な際には、遠慮なくおっしゃってください◡̈

 

岩手県花巻市 歯医者

| カテゴリ:スタッフブログ, 歯にまつわるお話し

よく噛んで食べる!オススメ食材

岩手県花巻市 オーラル総合歯科・矯正歯科

こんにちは!今月は受付の大野、衛生士の小原で発信していきます!

今月のテーマは「よく噛んで食べる!オススメ食材」です。

よく噛んで食べましょう!一口30回以上噛みましょう!と耳にしたことはありませんか?

当院でも小さいお子さんがいる親御さんには特に、「普段からよく噛んで食べさせましょう!」

「固い物を積極的に与えましょう!」などと検診時にお声がけすることが多いです。

その理由としては、現代の子供たちは小顔で下の顎が小さい子が多いです。そのため、子供の歯から大人の歯に生え変わるときに下の顎が小さいままだと大人の歯の生えるスペースを確保できず叢生(ガタガタの歯並び)になるリスクが高くなります。

下の顎は個人差はありますが、乳児期~18歳頃まで成長すると言われています。そのため、できるだけ小さい頃からよく噛んで食べたり、固い物を与えて成長を促してあげる必要があります。

このような話しを親御さんにすると

「固い物ってどんな物を与えれば良いのですか?」とよく質問を頂きます。

確かに固い物って言われても人それぞれ連想する物が違ってきますよね。

今回は歯科がオススメする食材を紹介していきます。ぜひ、参考にしてみてください!

①骨付き肉

②スティック野菜

 (にんじん、大根などのかみごたえのあるもの)

③するめ

④フランスパン

子供のためと思って柔らかく調理してあげたり、細かく刻んであげたりしているのを、少しの工夫で普段からよく噛む習慣を身に付けさせてあげましょう!

例)食べやすいように肉をほぐす→骨付きのまま与えてみる

例)お手軽おやつにするめやスティック野菜

例)食パンではなくフランスパンにしてみる

そして、「よく噛む習慣」には乳幼児期からできるポイントがもう一つあります!

それは、ずり這いやハイハイをたくさんさせてあげることです。

ずり這いをすることで顔や首周りの筋肉が育ち始め、ハイハイの時期に入って両肘を伸ばして体重を支えられるようになると、噛むことに関する筋肉が急速に育ち始めます。この時期の動きが少ないと固いものを噛むのが苦手になり下の顎が小さくなる傾向にあります。

例えば、赤ちゃんを抱っこから床に下ろすとき、座らせるようにではなく、ハイハイの姿勢で下ろし、ハイハイを促すようにしてあげましょう。

以上のことを参考に、お家でも取り入れて下の顎の成長を促してあげましょう!

 

岩手県花巻市 歯医者

| カテゴリ:スタッフブログ, 歯にまつわるお話し

歯科疾患と生活習慣の関わりについて

岩手県花巻市 オーラル総合歯科・矯正歯科

春の気配を感じる頃となりました。

みなさんいかがお過ごしでしょうか?

3月は出会いや別れ、一年の中で環境の変化が大きい・・・そんな次期ですね。

今回の豆知識は「歯科疾患と生活習慣の関わり」についてお話ししていきます。

担当は歯科衛生士の笠松と歯科アシスタントの藤根です。

よろしくお願いします☆

皆さんは、普段の生活習慣がお口の中に影響していることはご存知ですか?

例えば、家族やご自身の普段の生活の中でこんなことはありませんか?

1欠食がある(朝食は食べないことが多い)

2睡眠時間は平均7時間未満

3運動不足

4お酒をよく飲む

5間食をよくする

6タバコを吸う

7体重の増加

1~7の項目で当てはまる所はあったでしょうか?

実はこの習慣の全てがお口の中の病気に関係するんです!

口の中の病気で代表的なのは2つ。

「虫歯と歯周病」です。

上の7つの項目の中で特に虫歯と歯周病に影響を与える生活習慣は、1と2になります。今回はこの、①の「欠食」と②の「睡眠時間」がお口の中に与える影響についてお話しします。

①欠食がある

朝食を抜くと、間食が増える傾向にあります。間食が増えると、口の中が常に酸性になってしまうため、虫歯を作りやすい環境になります。さらに、朝食抜きの空腹状態から昼食を食べると、血糖値が一気に上がることになり、太りやすくなります。体は空腹状態が続くと、下がった血糖値を補うために過剰気味にエネルギーを欲します。また、昼食や夕食でのドカ食いにもつながります。その結果、血糖値が急激に高くなり、糖を体脂肪として蓄えるため、太りやすくなるのです。

朝食の欠食や、1日1回食や2回食にするなどの「まとめ食い」ではなく、なるべく1日3回の規則正しい食事をしましょう。

②睡眠時間

人の体にはメラトニンという睡眠ホルモンがあります。メラトニンが体内時計に働きかけることで、覚醒と睡眠を切り替えて、自然な眠りを誘う作用があり、分泌のリズムや体温変化などにより昼に覚醒し、夜間に睡眠をとるように調整されています。しかし、現代では就寝時間の遅れや夜食、夜勤などにより体内時計と生活リズムにズレが生じている方が多くいます。体内時計と生活リズムのズレは、大人に限らず子供にも多く見られる傾向にあります。近年は習い事の掛け持ちなどで、大人より忙しく過ごしているお子さんも多くなってきました。(日本人の子どもの睡眠時間は、年齢別の推奨睡眠時間より最大2時間近く短いそうです。)

睡眠により、口腔内で影響を受ける一つに唾液分泌があります。唾液の分泌量は、日中に増加し、夜間就寝時に減少します。この減少した時間が最も虫歯になりやすく、歯周病菌も増加する為、就寝前の飲食は控えて、起床時の歯磨きをする様にしましょう。

以上のことからも歯科疾患と生活習慣との関係性に欠食と睡眠時間が大きく関わっていることがお分かり頂けたのではないでしょうか。このような点から、生活習慣の見直しは口の中の健康に繋がります。

歯周病と糖尿病の憎悪には相互関係があると言われており、生活習慣を見直すことが大切になります。環境の変化が大きく体にも負担がかかりやすい時期ですが、新生活に向けて生活習慣の見直しをするきっかけになっていただけると嬉しいです。

皆さんが気持ちよく新生活を送れることを願っております。当医院では定期メインテナンスに通われている方に、食生活アンケートを実施しています。患者様それぞれの食生活を把握して、その方に適したアドバイスをしています。

お口の中で何かお悩みや困り事などがあれば、いつでもご相談ください。

 

岩手県花巻市 歯医者

| カテゴリ:スタッフブログ, 歯にまつわるお話し

マウスピース矯正とは?

岩手県花巻市 オーラル総合歯科・矯正歯科

みなさんこんにちは!

今回はマウスピース矯正の紹介をします!マウスピース矯正と聞くとどのようなことを想像しますか?

マウスピース矯正の良さはなんといっても「目立ちにくい矯正」!従来のブラケット矯正のように目立つ器具がつかないので、周囲に気づかれにくいです!

マウスピース矯正の流れ

初診→精密検査→シミュレーション→同意書→開始

・精密検査ではレントゲン写真・口腔内スキャン・お顔の写真・口腔内写真などを取らせていただきます。

・矯正をスタートする前(契約前)に口腔内の変化をシミュレーションで見ることができるので安心です♪

一般的なマウスピース矯正とブラケット矯正の違い(個人差があります)

実際に口の中に入れるとどんな感じ?(個人差があります)

▶️厚さは炭酸のペットボトルくらいで硬めだが、口の中に入っても違和感は少ない!

▶️慣れるまで多少話しにくくなる(滑舌が悪くなる)場合があります。

▶️慣れるまで締め付けを感じたり、歯が移動するための痛みが出る場合があります。

*装置を使用している間必ず守ってほしいこと*

▶️1日22時間以上の装着必須です!

▶️糖を含むものを飲食するとむし歯になるリスクが上がります。

▶️飲食をした場合、歯磨きをしてからマウスピースをつけてください。

▶️お茶、コーヒー、タバコなどは着色の原因になります。

▶️医師の指示を聞き使用期間を守りましょう。

*マウスピース矯正の適応範囲外の場合はブラケット矯正をお勧めすることもあります。

矯正をやるにあたって、磨き残し多い方は虫歯のリスクが上がります!矯正を始める前からしっかりとしたブラッシング習慣を身につけましょう♪

今回はマウスピース矯正の紹介をさせていただきましたが、興味をもっていただけたでしょうか?^_^

少しでも気になる方はお気軽にご相談ください♪

マウスピース矯正専用サイト https://hachimori.info/medical/mouthpiece/

 

岩手県花巻市 歯医者

| カテゴリ:スタッフブログ, 歯にまつわるお話し

インプラント治療とは?

岩手県花巻市 オーラル総合歯科・矯正歯科

新年あけましておめでとうございます。餅好きの坂本と衛生士の氏家、小原です。

皆様、お雑煮は食べましたか?

1年でお雑煮が食べられる時期ですが、歯を失ってしまった方や入れ歯を使用している方も餅やお雑煮を美味しく食べたくありませんか?

そんな方に今回お話ししたいのは、インプラントについてです。

インプラント治療とは金属のパーツを埋め込みその上に人工歯を取り付ける治療法です。入れ歯やブリッジに比べて、機能的にも見た目的にも天然の歯に近づけることができる治療法です。インプラントの最大の特徴は「周りの歯に負担をかけずしっかりと固定できること」です。骨に対してがっちり結合し自立するので周りの歯に負担をかけることもありません。

インプラント用メインテナンス

メインテナンスをするのとしないのとでは、インプラントの寿命が格段に違ってきます。メインテナンスは長くインプラントをお使い頂くために欠かせない術後のケアだと言えます。そのためインプラントを入れた後はメインテナンスが非常に大切となってきます。当院では最低でも3ヶ月に1回のペースで、年に4回のメインテナンスをオススメしています。

定期検診だけでなく一番重要なのはホームケアです。

ホームケアの重要なポイントは補助清掃用具を使用しているかどうかです。実は歯ブラシだけでのプラーク除去率は60%と言われています。フロス(糸ようじ)や歯間ブラシなどの補助清掃用具を併用して歯ブラシでは落とせない歯と歯の間の汚れを除去しプラーク除去率を上げていきましょう!

せっかくインプラント治療をしても、毎日のケアが不十分であったり、歯科医院による定期的なメインテナンスを受けていないことが続くとプラークが停滞してしまいます。それによって歯周病原細菌が増殖し感染するとインプラント周囲炎になるリスクが高まります。

毎日のホームケアを十分に行い、定期的にメインテナンスを受けインプラントを長持ちさせていきましょう!

インプラント専用サイト https://hanamaki-implant.com/

 

岩手県花巻市 歯医者

| カテゴリ:スタッフブログ, 歯にまつわるお話し

ホワイトニングについて

岩手県花巻市 オーラル総合歯科・矯正歯科

こんにちは!歯科衛生士の畠山です。

本日は「ホワイトニング」について、お話ししていきます。

みなさんは歯科でホワイトニングと聞くと、「歯を白くする」というイメージが強いでしょうか?

元々は漂白する、ブリーチする。なんて言い方をしていたんですよ!

当院には、ホワイトニングを希望する方が多く来院されます。

「結婚式前だから白くしたい」「人前に出るから白くしたい」「モデルみたいに白くしたい」‥とさまざまな理由で、ホワイトニングを行う方がたくさんいらっしゃいます。

ホワイトニングには、2種類あります。

歯科医院で行う「オフィスホワイトニング」と、自分で行う「ホームホワイトニング」です。

当院ではどちらも可能です。

オフィス・ホームにはそれぞれメリット、デメリットがあります。

オフィスホワイトニングの場合は、満足のいく白さにするには「2~4回」ほど行うことをオススメします。

最後にみなさんも気になる「歯に着色しやすい食品」の例を挙げます。

このような食品を、日常生活でも気をつけると良いでしょう。

あとは毎日のセルフケアや定期的な歯科医院でのメンテナンスによって、着色を予防したり取り除くことが大切です。

また、ホワイトニングは自身の「歯そのものを白くする」ことです。

歯に最初からヤニ、ステインなど付着して茶色く見えることもあります。その場合はホワイトニングではなく「PMTC」というクリーニングをすることで白くなることもあります。

気になる場合は、1度診察してもらうと良いでしょう。

 

岩手県花巻市 歯医者

| カテゴリ:スタッフブログ, 歯にまつわるお話し

歯磨きのタイミングについて

岩手県花巻市 オーラル総合歯科・矯正歯科

こんにちは!受付の熊谷です。

お口を清潔に保つために大切な歯磨き!

歯磨きをするベストなタイミングはいつなのか気になりますよね?

今回は『歯磨きのタイミング』についてお話ししていきたいと思います。

テレビやインターネットで、「歯の1番外側にあるエナメル質を傷つけてしまう可能性がある為、食後30分は歯を磨かない方が良い」と聞いたことがあるかもしれませんが、実はこれには明確な根拠はありません!

飲食をするとお口の中は酸性になります。酸性の物を長時間にわたり摂取することによっておきる、酸蝕症(さんしょくしょう)には対応をするべきですが、虫歯の予防の観点からすると、食後の早い時間に歯磨きをしたほうがいいと言われているのです。

酸性の食べ物の例:お酢、梅干し、レモン、酎ハイ、赤ワイン、炭酸飲料 などなど

ブラッシングの目的は汚れの除去=酸を産生する細菌を取り除くとともにその原料となる糖質を取り除くことなので、歯を磨くタイミングとしては、食後の比較的早い時間に歯磨きをした方が良いということになります!

歯磨きの回数は、朝・昼・夜 の3回が理想です。

歯磨きの中で最も大切なタイミングは、寝る前と起床後です。

夜はお昼に歯を磨けない方も多いので、一日の汚れが残ったまま寝ると虫歯、歯周病の原因となります。起床をしてすぐは、就寝中に唾液の分泌量が減り、口の中が乾燥しやすく菌が非常に繁殖しやすい環境になっています。

歯を磨く時間が取れず、マウスウォッシュ(洗口剤)を使用している方や、これからマウスウォッシュを使ってみようと思っている方もいると思います。マウスウォッシュは歯磨きをしていることと同じと考えている方がいると思いますが、それは間違いです‼︎

マウスウォッシュだけでは歯の汚れを落とす事はできないので、環境やタイミング等で磨けない場合はマウスウォッシュを使用するなど、お口の汚れを少しでも洗い流す方法の1つとして利用してみてはどうでしょうか?

マウスウォッシュは歯磨きの後の補助的な役割と考えてください。

マウスウォッシュはドラックストアでもご購入できます。

「リステリン」や「モンダミン」は、ノンアルコールのものもあるので、刺激や辛さが苦手な方でも使いやすいです。

ご参考に、当院で売られているマウスウォッシュはこちらです。

『システマSPTメディカルガーグル』

口腔内及び喉の殺菌・消毒・洗浄し、殺菌力に優れた希釈タイプです。

抗炎症や口臭除去の効果もあります! 

アルコールも少ない為、洗口剤特有のピリピリ感が少なくとても使いやすいです!

気になる方は、スタッフにぜひ御声がけ下さい♪

 

岩手県花巻市 歯医者

| カテゴリ:スタッフブログ, 歯にまつわるお話し

お子さんの治療について

岩手県花巻市 オーラル総合歯科・矯正歯科

今回の担当は、受付の杉村です!

新年度が始まり、ちょうど半年が経ちましたね。

金木犀の甘い香りがそっと包み込んでくれるような季節になりました。

皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

今回のテーマは『お子さんの治療について』です!

お子さんを歯医者に連れて行こうかな?と感じるのはどんなときでしょうか?

・保育園や幼稚園、学校の検診に引っかかったとき

・仕上げ磨きをしていたときに虫歯に気がついた

・子供が痛いと言ったとき

・乳歯が抜ける前に永久歯が生えてきたときなど、

各ご家庭でさまざまな理由があって来院をお考えになると思います。

しかし、初めていく場所だと緊張してしまい、親御さんから離れることができず、泣いてしまう子もいる為、お口の中を見せてもらえなかったり、症状を確認したりすることが難しい場合もあります。

当院では、初めてのお子さんでも安心して治療ができるように歯医者の雰囲気に慣れてもらうことから始めていきます。

いきなり診察台に座ると怖がってしまうお子さんもいるので、初めは親御さんと一緒にキッズルームから始めていくことも出来ます。

その他にも、現在のお子さんの状況を親御さんと一緒に把握できるようにトレーニングチェック用紙を用いて進めていきます。

 1.ひとりでおへやにはいれるかな?

 2.ひとりでイスにすわれるかな?

 3.ひとりでイスにねられるかな?

 4.おくちのなかをみせてね! 

などなど、チェック項目に沿ってお子さんが安心してお口の中を見せてくれるかを確認していきます。

お子さんの虫歯治療は、痛みが出てすぐに治療ができるとは限りませんので、お家でお口をあける練習やチェック用紙の練習、声かけにご協力頂いております。

そして、歯医者はきれいにする場所・虫歯を作らないために行く場所という目的で通っていただき、早いうちから歯医者に慣れていくことがおすすめです!

お子さんを歯医者に連れて行こうかな?と悩まれたり、何かお困りごとがありましたら、いつでもご相談ください!

 

岩手県花巻市 歯医者

| カテゴリ:スタッフブログ, 歯にまつわるお話し

『口内炎』について

岩手県花巻市 オーラル総合歯科・矯正歯科

こんにちは。歯科助手の伊藤&佐々木と受付の細川です。

暑い日が続きアイスが食べたくなる季節ですが、皆さんバランス良くお食事出来ていますか?

今回はお口のトラブル『口内炎』についてお話しします。

口内炎とは、のど・舌など口腔内のあらゆる粘膜にできるもので、大きく4つに分類されます。

それぞれの主な原因と対処法についてご紹介します。

大きな要因は、

・ストレスや疲れによる免疫力の低下

・腸内環境の悪化によるもの

・睡眠不足、栄養不足

その他にも、お口の中の汚れが多かったり口呼吸で乾燥している場合は治りも遅く、口内炎が増えてしまう原因にもなります。日常の口腔ケアや鼻呼吸を意識することが重要です。

『何個も口内炎ができていて治らない』『繰り返し同じ場所にできる』など、歯医者で相談することができまので気になること、分からないことがありましたらお気軽にご相談下さい!

 

岩手県花巻市 歯医者

| カテゴリ:スタッフブログ, 歯にまつわるお話し

ご予約・相談はこちら 0198-24-0648

初診の患者さまへ 初診の方はぜひこちらをお読みください。

    • ネット予約
  • 八森歯科医院 キッズ予防プログラム
  • 八森歯科医院 マタニティ歯科
  • 八森歯科医院 託児サービス
  • 八森歯科医院 スタッフブログ
  • 八森歯科医院 求人情報
  • Facebook
  • Instagram
  • オンライン資格
    • ペイペイ
    • こども110番 八森歯科医院
    • 歯医者が作った保育園
  • 医療法人ハピネス
  • SDGs

ページ上部へ戻る